今の時代(最近では、平成生まれの人も珍しくなくなりました。年号が変わるとすごく昔のような気がしますね)、学校に行かないのも選択肢の一つといえるかもしれません。 しかし、高校に進学しないで就職している人はいますが、中学校を卒業せずに就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)するとなると、将来を考えるととても厳しいものがあるのでしょうか。 ですが、学校自体にトラウマを持って登校することができない人がいるのも事実なのです。 中学校を卒業することができれば、高校には全日制、夜間制、通信制など色々な種類の学校があります。 通信制高校ですと、学校にはわずかな日数しか登校せず、ほとんどの授業をレポートなどで進めていきます。 ただし、高校に進学するためにはやはり中学校を卒業しておくことが第一条件ともいえます。 学校に行かないのも選択肢の一つかもしれないですが、子供の人生を長期的に、長い目で考えてみると、通信制でも立派な高校ですから、高校卒業の学歴はとってほしいというのが親の素直な意見ではないかと思います。 子供が学校に行くことを拒んでいる人は、ぜひ通信制高校のことを話してみましょう。 高校に入学するためにも、学校に行かないと言う選択肢ではなく、学校に行けねいう選択肢を選んでくれるよう、子供に話をしてみてくださいー